早漏とダポキセチンの効果について

心理的な要因によって引き起こされる早漏は、医薬品によって治療不可だと言われてきました。
しかし、最近では有効な医薬品がごく普通に提供されており、内服薬の使用によって射精時間の延長が図れます。
様々な種類の医薬品がある男子向けのジャンルですが、手がかりはあります。
主成分ダポキセチンと明記された医薬品こそ、早漏に効く治療薬です。
男性の自尊心を根本からへし折ってしまうのが早漏であり、女性からダサい男性だとレッテルを張られる原因となります。
早漏の原因として最も大きいのが心理的な要因であり、興奮した脳が必要以上に射精を急いでしまう事で、本人が意図したタイミングでフィニッシュを迎えられなくなります。
主成分のダポキセチンはそういった必要以上の興奮を鎮める力を持っています。
唐突に湧き上がってくる興奮感を上手く抑制する事によって早漏的なフィニッシュを抑止し、
精液を出すまでの時間を普段の倍以上に高めてくれるのが治療薬の効果です。
内服薬ですので、ED治療薬同様にセックス寸前に摂取出来るでしょう。
早漏の治療薬には塗り薬やスプレー式の医薬品がありますが、早漏対策が恋人にバレバレになるリスクがあります。
またペニスにスプレーやジェルを付ける事に抵抗を覚える男性も多いはずです。
ダポキセチンを含む内服薬なら、ペニスに異物が付く事もありませんし、スプレー式の医薬品とは違い、性的な快楽が減退する事はなく、あくまで脳内の過剰な興奮感を控える事によって早漏をスルー出来ますので、セックスの満足感は今までどおりです。
ダポキセチンは元々精神科で処方される抗鬱剤に広く使われていた成分です。
脳を適度にリラックスさせる事で、反射的な射精を予防出来ますので、セックス経験が浅い男性や心労で早漏気味な日々が続く男性にもオススメです。

ダポキセチンの副作用について学ぼう

ダポキセチンは抗鬱剤または男性向けの早漏治療薬に用いられる成分です。
健康上の問題でメンタルケアや早漏克服を行っている方は、お薬の副作用について勉強しましょう。
どういった成分にも副作用は存在しており、それこそ一般ユーザーが気軽に服用している大衆薬にも一定のリスクがあります。
ダポキセチンは服用後、約60分で効果が最大値になる成分です。
お薬の効果が最大に高まった後は、直ちに体外に出ていきますので、成分が体内に蓄積するといった危険はありません。
元々SSRI用の成分であり、うつ病治療の現場で長きにわたって利用されてきた経緯がありますので、信頼性と安全性の二面には良い評価が付いています。
しかし、ダポキセチンもまた他の医薬品同様に、副作用が一部存在します。
発生しやすいのが、下痢や体の倦怠感、寝付きの悪さ、吐き気、立ちくらみ等です。
ダポキセチンを含む抗鬱剤や早漏治療薬を初めて飲む方は、出来れば場所と時間を調整しましょう。
理想を言えば、休日の自宅など、プライベートな空間を選びたいところです。
ただ、ダポキセチンの服用によって副作用が現れる確率は、最大で一割程度になります。
副作用が無い、と言い切る事は出来ませんが、その成分によって深刻な体調不良に苦しむ確率はごくごく稀である事を理解しておきましょう。
副作用を侮ってはいけませんが、発生率が一割以下という水準は他の治療薬と比較すれば、とても安全なレベルです。
またダポキセチン自体の副作用ではありませんが、飲む際は毎回、利用量を正しく守りましょう。
決められた利用量を、勝手に超えてお薬を飲んでしまえば、成分の効き目が強く現れ過ぎます。
それこそ副作用以上に危険な体調不良が発生しますので、勝手にお薬を増量して服用してはいけません。

ダポキセチンの服用の注意事項

早漏症とは女性との性行為の最中に自分の意志とは反して、射精のタイミングが平均よりも非常に早いことを示します。
自分で射精のタイミングを上手くコントロールすることが出来ず、膣内に挿入した瞬間や数回のピストン運動で射精に至ってしまう症状を言います。
そのためパートナーとの充実した性行為を満足に楽しむことが出来ないため、自己嫌悪に陥ってしまう男性も少なくないといいます。
このような早漏の症状で人知れず悩んでいる男性は非常に多いといいます。
早漏症は男性の勃起不全症のEDとは異なり、今までは特効薬とされる薬剤も存在せず悩みを抱える当人にとっては非常に深刻な問題でした。
しかし最近では早漏症に効果的な薬剤も続々と誕生し、医学的な観点からも症状の緩和をサポート出来るようになってきました。
早漏症の特効薬の中でも特に有効とされているのがダポキセチンという薬剤です。
元々は抗うつ剤の1種でもあったダポキセチンは、脳内物質のセロトニンの分泌を促す作用があることで知られています。
ダポキセチンを服用することでセロトニンの分泌を促進して、脳の興奮状態を鎮める働きがあります。
早漏症の1つの原因として絶頂に達するまでの時間が早いのは、性的な興奮状態が起こりやすいために起こると考えられています。
ダポキセチンを服用することでその性的な興奮状態を和らげてリラックス作用をもたらすことが出来ます。
その結果として射精までのタイミングを長引かせることが出来るという原理です。
ダポキセチンの服用にあたっては専門の医療機関で診察を受けることが大切です。
医師の指導の元に適切な用量・回数を守り使用することが肝心です。
一般的にダポキセチンは性行為の前に事前に服用する決まりとなっています。
またダポキセチンの服用にあたっては他の抗うつ剤や抗生物質・睡眠薬などとの併用は禁じられています。
また心臓の疾患など他の病気を患っている方も注意が必要です。