ダポキセチンの効果を知って早漏防止しよう

早漏に悩んでいる方に、是非お試しいただきたいのがダポキセチンです。
多くの方がダポキセチンを含有した薬で、性生活を豊かにしています。「聞いたことが無い、本当に効果があるのか」と疑問に感じられる方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、ダポキセチンが早漏を防止してくれる仕組みについて、説明させていただきます。
早漏症の原因は、過度の緊張や興奮など精神的な割合が大きいといわれています。
興奮が高まりすぎてしまい、快感や刺激を強く感じるようになってしまうのです。
興奮をもたらす脳内物質であるアドレナリンが過剰に分泌され、衝動を抑えられない状態になります。
ダポキセチンには、セロトニンの分泌を促す効果があります。脳内物質であるセロトニンは、緊張を解きリラックスさせる作用を持っているのです。
セロトニンが増加することにより、興奮がしずまり、性衝動も抑えられます。
結果、射精のタイミングをコントロールできるようになるのです。
実は、ダポキセチンは坑うつ薬として開発されたものです。
服用していた患者から「射精が遅くなった」と報告されたことをきっかけに。
早漏治療薬としての開発も行われるようになりました。
そもそも早漏抑制の効果が確認できたからこそ、治療薬として扱われるようになったのです。
ダポキセチンの効果は高く、ヨーロッパなどではすでに早漏治療薬として認可を受けています。
日本ではまだ医薬品として認可されていないため、ドラッグストアなどでは購入できません。
しかし、個人輸入代行サイトなどを利用すれば、簡単に入手が可能です。
塗り薬タイプの早漏防止薬などと比べても、効果の持続時間が長く使いやすい薬です。
安全性の高さについても評価されており、今後ますます注目を浴びるでしょう。

セックスの前にダポキセチンを服用する時間

早漏症の治療薬として話題となっているダポキセチンは、欧米ではすでに認可を受けており、その成分を含んだ薬が多数販売されています。
日本でも個人輸入代行サイトなどを通じて購入が可能であり、多くの方が愛用しています。
そんなダポキセチンですが、早漏抑制のためにはいつ、どのタイミングで服用するのが効果的でしょうか。
ダポキセチンは、服用後1時間程度で血中濃度が最大に達します。
その後、体外へ排出されていき、およそ5時間効果が持続するといわれています。
つまり、もっとも効果的タイミングは、セックスの1時間前であるといえます。
かつて早漏抑制の方法として、塗り薬なども一般的でした。局部に塗り感覚を麻痺させることで、射精を遅らせるというものであり、満足感が減退するなど問題も多い方法でした。
また、効果が長く続かないため。セックスの30分前に塗る必要があるなど、利便性も低いものでした。セックスにおいて、女性を満足させるにはムードも重要です。
そしてムードを作り出すためには、行為までの自然な流れが必要となります。
「いつ始めるか」「あと何分効果が保つか」というようなことを気にしていては、女性に違和感を与えムードを失ってしまうだけでなく、男性側にとっても楽しむどころではありません。
しかしダポキセチンであれば、そのような心配はありません。
飲み薬ですから、非常に手軽に服用することが出来ます。
また、効果の持続時間は充分にありますから、余裕を持ってセックスまで相手をエスコートできるのです。
早漏の問題点は、単に性的な満足などの問題ではありません。
男性の自信を揺るがすことであり、また、パートナーとの関係にも関わります。
ダポキセチンを使用し、より良い性生活を送りましょう。

ダポキセチンの成分が入ってる薬の種類

ダポキセチンの成分が入っている薬の種類としてはSSRIと呼ばれているものなので、日本においては他のSSRIが精神科などで処方されています。
ダポキセチンを手に入れるためにはインターネットなどの通販サイトを利用する方法や、早漏などの専門的な医療機関などで処方してもらう方法があります。
ダポキセチンはジェネリック医薬品なので価格は日本の他のSSRIなどに比べると安いのですが、健康保険が適用されないのである程度のコストがかかります。
ダポキセチンは早漏の男性が服用することで射精時間を長くすることができるのですが、これはSSRIの副作用によるものなので、すべての人に効果が実感できるとは限りません。
しかし脳の過剰な興奮や不安などを抑えることができるので、早漏を改善することができます。
一般的には亀頭が刺激に弱いのが早漏患者の特徴なのですが、そのために亀頭に局所麻酔薬などを塗布することは一時的には効果を得られるのですが、根本的な治療にはなりません。
精神的なストレスを軽減するためには交感神経の興奮を抑えなければならないので、落ち着いた気持ちでセックスができるようにダポキセチンなどの薬を服用することも効果的で、通常のセックスができる事を脳が認知することで早漏を改善することができます。また認知行動療法によって治すことも可能なのですが、その場合には専門家のアドバイスが必要とされていて、少しずつ自信を深めていくような方法がとられます。
ダポキセチンは効果的な薬なのですが、すべての人に効果が実感できるものではないので、1ヶ月以上服用したにも関わらず効果が見られない場合には、服用を少しずつ減らしながら中止することが大切です。

■インターネット通販をお求めの方はコチラ
ダポキセチンは世界初の経口摂取薬

タダポックスは早漏に効く成分とEDに効く成分両方が含まれています
■大人気のスーパーPフォースを購入する
■男性のよくある悩みである早漏とは